ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

ロミロミの意味や歴史について

ロミロミは、ハワイ伝承のマッサージ技法です。ロミロミという言葉には、ハワイ語で「もむ」「(手のひらで)押す」「圧迫する」というような意味が込められています。その言葉の意味する通り、ロミロミマッサージでは、腕や手のひら、肘などを使って、マッサージが行われます。
ロミロミでこのように手を使ってマッサージをするのには、もみほぐすという意味もありますが、手のひらなどから愛情や気持ちを伝えることで癒すといったヒーリングの意味も含められているのです。このため、ロミロミはただのマッサージ技法としてではなく、れっきとしたヒーリングセラピーとしてハワイでは多く認識されている技法となっているのです。

ロミロミの歴史は?

ロミロミは、古代ハワイアンにおいてはれっきとした医療として用いられていた技法になります。王族の健康を保つためのヒーリング治療として長らく愛されてきた手法で、ハワイでは医療行為として発展してきた歴史があるのです。
そもそも、このロミロミの誕生にはある伝承があります。自然の力を進行する古代ハワイアンでは、こうした自然の力を操る「カフナ」と呼ばれる神官の存在がありました。この神官は、司祭としての役割の他にも、病気を治すようなことも行っていたのです。こうした治療行為を行う神官のことを、「カフナ・ロミロミ」と呼んでいたといいます。その後、この「カフナ・ロミロミ」を継承する制度は、階級制度の廃止とともに、このような伝統行為は禁止され、神官としての継承なども途絶えてしまったとされている歴史が残っているのです。

ロミロミが伝わってきた背景は?

階級制度の廃止によって、血脈による世襲制度が途絶えてしまった「カフナ・ロミロミ」ですが、この門外不出であったヒーリング治療を広めた人物がいました。それが過去にカフナであったアンティ・マーガレット・マシャドという女性です。
彼女は、多くの人にロミロミの精神を伝えたいと、門外不出の法を破り、その手法や精神を語り始めたのが、現代へとロミロミが伝わってきた背景です。彼女の決意がなければ、現代のロミロミは存在しなかったといっても過言ではないでしょう。

現在でいうロミロミとは

現在、ロミロミは民間療法やリラクゼーション法として、広く親しまれるまでになっています。特にロミロミを生み出したハワイにおいては、誰もが知っているマッサージ方となっており、多くの方に愛されるまでとなっているのです。

関連記事

よく読まれている記事