ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

マナとは?の関係は?

ハワイでマナは自然界にあるすべての存在から発せられているエネルギーのようなものと捉えられています。日本でいう、「気」のようなものにも近い存在です。また、こうした自然のエネルギーによる治癒力や、回復力のようなものを表現する際にも、マナという言葉が用いられているのです。
ただし、古代ハワイの伝承ではこのようなマナは、いわゆる超能力のような形で用いられていたものだったようです。村を納めるリーダー的存在や、医療などを行う神官のような存在の人は、このマナを操る力が大きく、またそうした能力は神に選ばれて与えられたものといった考え方が根付いていたといいます。マナは家系によって受け継がれていくものとされていたため、マナを持たない血筋の相手との婚姻によって徐々に薄まっていったとも言われています。このほかにも、ネガティブな言葉や思考などによっても、マナが薄まってしまうという考えがあり、今でもその思想はハワイで根強く残っているようです。

ロミロミはマナヒーリングと呼ばれることも

ロミロミは、古代ハワイにおいてマナを操ることができる神官(カフナ)が行った医療行為がもとになっています。そのため、ロミロミは時に「マナヒーリング」と表現されることもあるようです。現代ではマナの継承などは行われてはおりませんが、マナを尊重する心や思想はロミロミマッサージにおいても根強く浸透し続けており、長きにわたって受け継がれ続けているのです。これにより、ロミロミを受けることは、自然のパワーを借りて人の身体や心などをいやすと考えられているのです。

マナのスピリチュアルな力で癒やしを

身体や心が疲れている状態の人は、マナが不足しているとハワイでは考えられています。ロミロミは、そんな状態の方にマナを与える行為でもあります。セラピストが直接身体に触れ、手のひらなどから自然界にあるマナの力を借りて、悪いエネルギーを外へだし、良いエネルギーで満たしてあげる、それがロミロミの本質なのです。ただもみほぐすというだけのマッサージではなく、スピリチュアルな力を借りた、セラピーになるのです。

本場ハワイのマナをうけて

ハワイには、あちらこちらにマナの精神が息づいており、マナの力が秘められています。ぜひ、ハワイへ足を運ばれた際は、マナの力を十分に満たすロミロミをご堪能くださいね。

関連記事

よく読まれている記事