ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

リフレクソロジーについて

ロミロミマッサージは、ハワイより古来から伝えられているマッサージ技法です。もともとはハワイでは治療のための医療として行われていたもので、アメリカでは国家資格として取り扱われている代替医療になります。腕や手のひら、肘などを使って、体全体の筋肉などをもみほぐすマッサージ法となります。対してリフレクソロジーとは、英国式や台湾式などさまざまなジャンル分けはされているものの、同じくアメリカが発祥のマッサージ法となっています。
多くは足や手の反射区と呼ばれるつぼを押すことで内臓も含めた疲労回復を図るマッサージ法となっています。ロミロミは、体全体をマッサージしますが、リフレクソロジーは足裏や手のひらへの刺激が中心となり、マッサージ手法も部位も大きく異なっているのです。

ロミロミのマッサージ方法は

ロミロミは、オイルなどを用いて全身をマッサージしていくのが一般的な方法です。腕や手のひら、肘などをうまく使いながら、滑らせるようにして動かしていきます。体重をかけるような形で、適度に圧を加えながらマッサージを行っていきますが、決して強い痛みを与えるようなことはしません。時にはゆったりとしたストロークを描きながら、時にはリズミカルに強弱をつけながら、癒やしを与えるようなマッサージ法でリラクセーション効果が非常に高いといった特徴があるのです。

リフレクソロジーとはこんなマッサージ

一方、リフレクソロジーでは、主に足の裏や手のひらにある反射区と呼ばれるツボのようなものを刺激する方法でマッサージが行われます。指などを使って、反射区をぐっと押すようにしてマッサージをしていくのです。オイルなどを用いて行うという点は同じですが、こうした部位やマッサージの手法に大きな違いがあります。リフレクソロジーでは、ひざ裏やひざ、ふくらはぎなどもマッサージが行われますが、背中や肩などは基本メニューではなく、別メニューとなるのが一般的なようです。

全身のマッサージを堪能したいならロミロミがおすすめ

ロミロミとリフレクソロジーでは、オイルを使ってマッサージをするという点では似ているようにも見えるかもしれませんが、マッサージを行う部位やマッサージ法には大きな違いがあることがお分かり頂けるかと思います。リフレクソロジーでは、足裏の刺激が基本となることが多いので、背中や肩、腰などの全身をマッサージしたいという場合であれば、ロミロミがおすすめです。

関連記事

よく読まれている記事