ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

ハワイ伝統のロミロミのやり方や方法は?

ロミロミとは、ハワイ伝統のマッサージです。マッサージの前には、必ずセッションというカウンセリングのような行為と、プレというお祈りが欠かせません。このプレでは、天や大地、自然の神様などに、対する挨拶のようなものになります。このマッサージ前のプレには、マッサージを受けるクライアントとの呼吸合わせの意味も込められています。さらにプレを通して、肌に直接触れることへの感謝やクライアントに対する敬意の思いをも表しているとされているのです。
サロンなどによっては、こうしたプレを行わない所も少なくありません。儀式として行わない場合でも、セラピストたちはこのプレを大切にしているといいます。このプレを重んじる気持ちは、ハワイの伝統であるロミロミの意味をしっかりと理解していることにもつながるのです。

ロミロミの一般的なマッサージ法は?

一般的なロミロミのやり方としては、クライアントはうつぶせになった状態で背中を中心にマッサージを行う方法です。アロマオイルなどを使用し、腕や肘、手のひらなどを使いながら、施術を行います。ストロークと呼ばれる、圧をかけながら流す方法や、左右に揺れるようなウィーグリー・ウィーグリーという動きが多く見られます。また、アルナプレスと呼ばれる腕を使って強めに圧をかけるマッサージ法なども組み合わせて行われています。

ロミロミマッサージのやり方自体に決まりはない

実は、ロミロミには「このようにしなくてはならない」といったマッサージの決まりなどはないとされています。クライアントの体調や疲れ具合に合わせて、その都度マッサージの手法を変えるセラピストも少なくないといいます。クライアントと呼吸を合わせ、心と体を整えていくのが本来のロミロミのありかただとされているからです。波の揺らぎのような穏やかな時もあれば、痛気持ちよさを感じさせる力加減の時もあります。マッサージを受ける方が心地よく、リラックスできることが大切になるのです。

お客様を癒すことがロミロミの最大の目的

ロミロミは、マッサージの順番やルールなどは細かく定められてはいません。腕や肘などを使った面の広い部位による圧をかけるようなマッサージ法ではありますが、いろいろな方法が組み合わせて行われています。クライアントやお客様を癒すことが最大の目的となるため、それに合わせた方法で行われているのです。

関連記事

よく読まれている記事