ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

ハワイでロミロミセラピストになるためには研修が必要

ハワイ州公認のマッサージライセンスを取得するためには、ハワイ州が定めたスクールや専門学校に通う必要があります。このようスクールなどで、合計570時間の講習や実技を受けた人でなければ、ライセンス取得のための資格試験を受けることができない決まりとなっています。この570時間のうち、420時間は現地インターンシップの研修期間となります。
この現地研修は、OPTとも呼ばれています。この期間は約3カ月ほどあり、この間はビザを延長して現地で研修生という形で働きながら学ぶことができるのです。こうした研修はスクール内で行われる場合もありますが、実際に提携するサロンで働きながら実習を行う場合もあります。どちらにせよこの420時間の現地研修を済ませないことには、ライセンス試験を受ける受験資格がもらえない決まりになっているのです。

420時間の研修はどのようにして行われるの?

420時間の研修と、文章にしてみるといまいちイメージが湧きにくいかと思いますが、単純に8時間で割ったとしても53日近い日数を要します。土日は研修も含めてお休みというスクールも多いため、毎日毎日8時間研修を続けても、3カ月ほどの期間を要することになるのです。もちろん、研修ですのでこの時間はすべてマッサージの実地研修に充てられます。お客様へ実際にマッサージを行ったり、生徒同士でマッサージを練習したり、サロンの運営を学びながらこの時間を消化していきます。

無事に研修が済んで初めてライセンス試験が受けられる

ハワイのマッサージスクールなどでは、この現地研修である420時間を終了して初めてライセンス取得のための資格試験を受ける条件がそろいます。この研修を終了した時点で、ハワイ州のDCCAという機関へ必要書類などを提出して、試験を受けるための承認書類を発行してもらいます。

関連記事

よく読まれている記事