ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

ロミロミ留学をしてライセンスや資格取得が夢という方へ

ハワイ州でロミロミを行うセラピストとして働くためには、ライセンスの取得は絶対条件です。そのためには、ハワイ公認のロミロミスクールなどで、授業を受けてライセンスの取得をする必要があります。当然ながら、一定期間留学を経てこの資格取得のための試験を受けることとなるでしょう。では、この資格取得までにはどのような流れになっているのでしょうか?
まずは、留学をしてスクールなどへ通い、技術と知識を習得します。ハワイ州で定められているカリキュラム数である最低570時間の受講を終了し、スクールを卒業します。その後、ハワイ州公認ライセンスを取得するための試験を受けます。この資格試験に合格した方のみ、ハワイ州のライセンスが与えられることとなるのです。

ライセンス取得資格試験について

ライセンス取得のための試験は、3月、6月、9月、11月の年4回行われています。この日までに試験を受けるための準備を整え、申請を済ませておく必要があります。場合によっては事務手続きで1カ月や2カ月かかる場合もあるようです。このハワイ州のマッサージライセンスを取得するための資格試験は全て英語にて行われます。内容としては、マッサージのセオリーや手技について、病理学や衛生管理などの問題も含まれています。また、症例に合わせてマッサージができないケースについても問われる場合もあるようです。こうした問題に答えて、75%以上の正解答率で合格だとされています。

ライセンスを取得したからといっても働けるわけではない

ハワイ州のライセンス試験に無事合格でき、ライセンスを取得できたからといっても、決してそのままハワイでセラピストとして働けるというわけではありません。このライセンスはあくまでも、ハワイでマッサージを行っても良いと認められるためのライセンスです。ハワイで働くためには別途就労ビザが必要となります。現実問題、就職先が見つかったというだけでは、働くためのビザは取得できないケースがほとんどだといいます。こういった点においても、将来的にどうすべきか考えておく必要がありそうです。

マッサージライセンスは必要不可欠

ハワイ州においては、何はなくともこのマッサージライセンスはなくてはならない資格となります。すぐに就職できるめどはつかない場合もあるかもしれませんが、スクールや試験なども含めると1年あまりの期間がかかるものですので、じっくりと考えたうえで取得を目指すようにすると良さそうです。

関連記事

よく読まれている記事