ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

ロミロミを自宅開業するための方法は?

ロミロミなどのマッサージ法をマスターされた方が、自宅の一室など利用して自宅開業されるケースも決して少なくありません。日本においては、ロミロミなどのマッサージを開業するために必要な資格などは特にありません。開業から一カ月以内に税務署へ、個人事業主の改行届さえ提出すれば、いつでも自宅開業をすることは可能なのです。もちろん、日本国内においては、ロミロミセラピストとしての国家資格なども存在しませんので、極端な言い方をすると自称セラピストであっても問題なく自宅開業することはできるということになります。これは、エステティシャンやネイリストであっても同じです。日本国内では、このように意外と簡単に自宅開業をすることが可能なのです。

民間資格やハワイのライセンスがあるとより良い

日本においてロミロミを自宅で開業するためには、特別な資格などは一切必要ありません。しかし、何らかのライセンスなどは持っていた方が、利用される方の信頼感は高くなるかと思います。たとえばロミロミに関する民間資格などでも良いですし、もしお持ちであればハワイ州のマッサージライセンスなどでもよいでしょう。ハワイ州のライセンスは日本国内では何の効力も持ちませんが、肩書としてあるだけで印象は大きく異なってくるはずです。名刺や告知用広告などに、肩書として記載すると良いでしょう。

資格は必要ないけれど何でもアリというわけではない

日本でロミロミサロンなどを自宅開業するには、資格などは必要とせずに基本的には自由です。しかし、だからといって何をしてもOKというわけではないでしょう。やはりこうしたマッサージ業などは、信頼を得ることがとても重要です。趣味の延長で自宅開業されるという方もいらっしゃるかもしれませんが、開業する以上は利益を生む必要があります。そのためには、サロンにとってあまりにもマイナスとなってしまうようなことは避けたほうが賢明なこともあるのです。気軽に始められるロミロミの自宅開業ではありますが、生き残っていくためにすべきこととそうでないことは、ある程度判別したほうが良いと言えそうです。

一人でも多くの人にロミロミを届ける

ロミロミ専門店などは、日本ではまだまだ一握りの店舗しかなく、体験したことがあるという方は決して多くはありません。一人でも多くの方にロミロミを知ってもらうために、自宅開業を行うという選択肢も素敵ですよね。覚悟も必要ですが、腕さえあれば自宅開業も決して夢ではないでしょう。

関連記事

よく読まれている記事