ハワイロミロミコンシェルジュ

ワイキキのロミロミマッサージ比較サイト

ロミロミ出張/サロン/スパそれぞれの違いについて

古代ハワイアンに伝承されたロミロミ。はるか昔は健康の専門家であるカフナの手によってしか、受けることができず、正式に認められた伝承者にしか、その手法は明かされてはきませんでした。そのため、いつでもどこでもロミロミが受けられるということはなく、ごく限られた場所でのみ受けることのできる行為だったとされています。
しかし現代では、発祥の地ハワイにおいても、さまざまなスタイルで体験することができるようになっています。ハワイ島のあちらこちらでも、気軽にロミロミを体験することができるようになっているのです。その手法自体も、さまざまなアレンジが加えられていますが、ロミロミが受けられる場所においても、いくつかのスタイルに分けられているのです。代表的なのが、サロンとスパ、そして出張ロミロミです。それぞれ、似ているようではありますが、特徴や利点が異なりますので、簡単にご紹介していきたいと思います。

出張ロミロミの特徴

出張ロミロミとはその名の通り、利用者の元へ出張する形で訪問し、ロミロミマッサージを行うスタイルです。観光などでホテルに滞在されている方などに人気があります。出張先は主に、宿泊先のホテルやコンドミニアム、ホテルコンドなどになります。また、観光客向けなどではなく、オフィスや自宅などに治療のような感覚で訪問するタイプの出張ロミロミもあります。このような出張ロミロミの利点は、やはり店舗まで出向かずにロミロミを楽しめるという点にあります。時間がなくていけないという方や、小さなお子さま連れで店舗ヘ行くのはむずかしいという方もいらっしゃるでしょう。また、滞在中何度も利用するために、出張ロミロミを継続契約されるという方も中にはいらっしゃるようです。

サロンでのロミロミの特徴

ロミロミを受ける場所として、ハワイでもベーシックなのはこのサロン形式です。いわゆる店舗を構えてロミロミマッサージを提供しているようなところは、ひとくくりにしてサロンと呼ばれることが一般的です。エステサロンやクリニックのようなタイプのものも、このサロンと同様のものと考えても良いでしょう。日本ではマッサージと聞くと、それだけを行っているものを想定しがちですが、ハワイではロミロミを美容とあわせて考えているところも多く、ヘアサロンと同じスペースで行っているところも決して少なくありません。店舗型のロミロミ提供店は、このようにサロンと表現する場合が多いでしょう。贅沢な時間をすごすことができるはずですよ。

スパで受けるロミロミの特徴は?

一方、サロンと同じく店舗型であるにもかかわらず、スパと呼ばれているロミロミマッサージの提供店もあります。このスパとサロンの大きな違いは、スパ施設があるかどうかといった点があげられます。スパは日本でいう所の、入浴施設のようなものですが、ハワイのスパの規模はさまざまです。ジャグジーなどが用意されているスパもあれば、シャワー設備のみというスパもあります。こうしたスパでは、ロミロミマッサージの前後で入浴を楽しんだり、マッサージオイルを洗い流したりすることができます。サロンよりもさらに高いラグジュアリー感を味わえるような施設が多いのも、スパの特徴だといえるでしょう。店舗によっても大きく異なりますがこうしたスパなどでは、より高いリラクセーション効果を求める傾向にあるようです。

ハワイの雰囲気を存分に味わいたいなら

出張ロミロミやサロン、スパなど、ロミロミを楽しむ場所や手段は実にさまざまなものがあります。もし、ハワイの雰囲気を存分に味わいたいというのであれば、スパやサロンを利用するのがおすすめです。サロンなどによっては、ホテルの中庭のような屋外にある施設で、ロミロミマッサージを提供しているようなところもあります。また、高層ビルの一室で開かれているサロンなどでは、一面ガラス張りの窓からハワイの町並みを眺めながらマッサージを受けることができるような場所もあります。こうしたハワイを身近に感じられるような環境で、ロミロミマッサージを受けるのであれば、できれば外へと出て、サロンやスパで楽しむのが良いでしょう。自然に触れられるような環境であれば、より多くのマナを感じながらロミロミを堪能できそうです。

遊び疲れた1日の疲れを落とすなら出張ロミロミ

もしも、1日遊び疲れた状態であったり、長時間のフライトで疲れ切っているというのであれば、出張ロミロミが断然おすすめです。出張ロミロミの多くは、夜間であっても対応してくれるところが多く、1日中遊んで、ディナーを楽しんだ後であっても、十分にロミロミマッサージを受けることができます。また、予約をすれば客室まで来てくれるため、わざわざ移動をする必要もないのです。こうした出張ロミロミでは、ハワイアンミュージックやアロマオイルなど、ムードを高めてくれるようなアイテムを事前に用意してくれるところもあります。サロンへ行かなくても、同じようなクオリティーでロミロミを楽しむこともできるのです。ロミロミを楽しんだ後は、そのまま客室で眠ることだってできますので、1日にの疲れを取りきるにはベストな方法だと言えそうです。

関連記事

よく読まれている記事